まるみちの楽器紹介ブログ

楽器の紹介記事や音楽漫画を描いています。

カテゴリー

5分で効率よく楽器練習するコツはこれだ!

      2017/02/02

5分で練習

この記事
「一日5分の練習でも
全然うまくなれちゃうよ!」
的なことを書きました。

でも具体的に
5分練習する!となると
「一体何を練習すればいいんだろう?」
となっちゃいますよね。

なので今回は
「こういう感じで練習すると
いいんじゃない?」という
お話をしていこうと思います。

その1:苦手な部分を徹底練習!

曲を練習しているのなら
苦手としている部分を
徹底練習してみるのは
どうでしょうか?

このとき
気を付けてもらいたいのは
「苦手な部分のみ」を
練習するのはNGだということです。

音楽には当たり前ですが
流れがあります。

なのでその流れに合わせて
苦手な部分のみの練習はせず
その前後の小節も合わせて
やっていくのがポイントです。

 

その2:新曲は落ち着きと
盛り上がりを把握!

新しい曲にチャレンジする場合は
いきなり楽器を弾かずに
まずは音源を聴いて
その曲の
「落ち着き」と
「盛り上がり」
がどこにあるかを
探しましょう。

「落ち着き」は
いわゆる静かな部分。
「盛り上がり」は
明るくなったり
力強くなったりする部分です。
大抵の曲のサビは
「盛り上がり」に入りますね。

ここを意識して聴くだけで
アドリブにせよ
楽譜の音楽にせよ
表現の幅がぐっと広がります。

聴くのも大事な練習ですよ♪

 

その3:やっぱり大事!基礎練習!

曲そのものを練習するのも
大事ですが
やはり基礎を鍛え上げるのも大事です。
ピアノだったら
ハノンやリトルピシュナですね。

  

とはいえこれらは
ちょーっとだけ、
つまらなかったりするので
5分練習で
さっさか済ませてしまおう
という訳です。

このときも漠然と練習用の
楽譜やらなにやらを開くのではなく
「自分は今なにを苦手としてるのか?
これを克服したら
どうなるか?」
と、明るい未来をイメージしてから
練習すると良いですよ。

あと今からやる練習が
今の自分に必要かどうか
というのを考えるのも大事です。

たとえば来月のライブでやる曲は
気持ちを音にのせて表現する
壮大なバラードだ!
なんて時に
一所懸命に速弾きの
練習をしていても
あまり意味がないですよね。

その時の自分にあった
メニューを考えるというのも
とても大事です。

基礎練なんていらないよ!
なんて方もいらっしゃるとは
思いますが、
やはりある程度レベルが
上がってくると
改めて基礎を
勉強しなおさないとな・・・
と感じるときが必ずやってきます。
私の大好きな
水沢めぐみ先生が描かれた
バレエ漫画の「トウ・シューズ」でも
コンクールを前に
主人公のくるみちゃんが
あえて基礎を徹底的に
叩き込んでいるシーンがあるのです。
そんなくるみちゃんが
コンクールでどんな結果を得たか・・・
続きは漫画でお楽しみください。

最終的に
トウシューズの話に
なってしまいましたが
5分練習はこんな感じで
メニューを組んでいくと
良いのではないでしょうか。

では、またね^ω^

その他演奏上達法はコチラ!

%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc

楽器の練習法についてもっと知りたい!
そんなあなたは是非
至高の逸品紹介メルマガに
ご登録くださいませ☆
無料で毎日配信してるよ!

 

楽器コレクターのための
至高の一品紹介メルマガ!
~あなたと最高の相性の楽器教えます~
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

 - お役立ち, 音楽, 漫画 , ,