まるみちの楽器紹介ブログ

楽器の紹介記事や音楽漫画を描いています。

カテゴリー

本当に上達する練習ノートの書き方!

      2017/03/15

こんにちは。
胃が持たれている
まるみちです。

今日は上達には必須、
「練習ノート」の
書き方について
お勉強しましょう!

練習ノートは
その名の通り日々の練習を
記録するノート。

でも、ただ書いても上達はしません。
このノートを書けば書くほど上達していく
魔法のノートにするには
ちゃんとコツがあるのです。

まず上達しない書き方の
例をあげますね↓↓

今日はギターできらきら星を
練習した。よくできた。
No!!!これはNoです!!!

なぜかというと
これでは後から見返したとき
きらきら星の何を練習して
なにがよくできたのかが
さっぱりわかりません。

少し前の自分と比べて
どう成長したのか、
何がまだ練習中なのかが
わからなければ
記入する意味がないのです。

書き方ポイントとしては
日付、テンポ、
難しかった点、
良かったと思う点、
何をどこまで練習したか、
今後の課題・・・

これが大事です。

それでは良い例↓↓

〇月×日
きらきら星の
弾き語りを練習。

テンポは60。

×→このテンポだと
まだコードチェンジがうまくできない。
明日からテンポを下げよう。

〇→一つ一つのコードは
音が綺麗に出せるようになった。

今後の課題→コードチェンジを
スムーズにする!

これは自分が今なんの曲の
何を練習していて
どの点が上手くいっていて
どの点がまだ甘いのかが
いつみてもハッキリわかるから
常に課題を見つけることができますね!

こんな感じの事を
書いていくことによって
ただのノートが
書けば書くほど上達する
魔法の練習上達ノートへと
変身していくのです。

最初はちょっと面倒に
思うかもしれませんが
慣れると5分とかからない作業なので
とーってもオススメです♪

ちなみに折角書こうと決めたなら
見るだけでモチベーションが上がるような
ノートやペンをおすすめします。
適当なノートやペンでも
勿論いいのですが私のように
形から入るタイプの方は
ちょっと高級だったり
かわいらしい、カッコイイものを
用意するとテンションが上がって
俄然練習する気が上がるのです。


↑こんなノートだと
字まで綺麗に書けちゃいそうです。


↑ちなみに私はこれずーっと使ってました!
書き心地も良いし小さくて軽いから
どこでも持ち運べるので
電車の中とかで今までの練習を振り返ると
「自分がんばったなあ…」と
ムフフとできるし
無地だから余った
スペースに絵を描いたりもできるし
ほんとこのノート大好きなんですよ~。

なんで今使ってないのかというと
それはいつも買ってた近所のコンビニにで
取り扱わなくなってしまって
どこを探しても見つからなかったからです。
アマゾンさんにあったんですね…
私、買います…!笑
こういうシンプルなノートは
裏にお気に入りのシールを貼っても
可愛いんですよ!
時間が経ってシールが剥げてくると
それがまた使い込んだって感じで
良い味がでるんですよ~…

はっ、いけない、少し
語りすぎましたね…

それではまた~^ω^

↑過去の演奏上達記事はコチラから!

 

役立つ練習法、もっと知りたい!
そんなあなたは至高の逸品紹介メルマガを
是非読んでみてください~!
まるみちが独断と偏見で選んだ
オススメ楽器特集の他にも
演奏上達法や音楽理論を
無料で毎日配信しています。

 - お役立ち, 音楽 , , ,