まるみちの楽器紹介ブログ

楽器の紹介記事や音楽漫画を描いています。

カテゴリー

弦楽器でも○○はアレできたほうがいい!

   

こんばんは。
ふかふかって単語を
食べ物に使うのを
あまり認められない
まるみちです。

この記事の続きですね。

ギター等の弦楽器では
ただ漠然とコードを
押さえるのではなく

どこの指がなんの音を
出しているかを
きちっと確認するのが大切!

と言いました。


これ、たとえば私は
メインで良く弾いているのが
ピアノなのでピアノの話をしますが、
ピアノはドレミファソラシドが
綺麗に並んでいる楽器なんです。

だからちょっと慣れてくると
鍵盤のどの位置に
なんの音があるか
というのは容易に把握できるんですね。

ところがこれがギターとなると
話がかわってきます。
だって6弦もあって
しかもその弦一つ一つ
始まりの音が全部
違いますもんね。

だからこそ
コードのフォームだけでなく
どの指がなんの音を出しているかを
把握するのが大切なんです。

それができるようになってくると
例えばフォームをど忘れしても
自力で導き出せるし、
たとえば「今ミソシをだしてて、
中指がソを押さえてるから
これを半音ずらせば
Eコードのなるのかな?」
と、自力でコードを探すことだって
できてきます。

と考えたらなんか
すごい便利じゃないですか?

しかもそれを繰り返すことによって
段々どの音がどこにあるのかも
把握できてくるようになります。

そうするとメロディを弾くのも
かなり楽になってきますよね!

そしてそのためにはやっぱり

「タブ譜だけでなく楽譜が読める」

「メジャーとマイナーだけでもいいから
構成音を把握する」

というのはすごーく大事なんですね^^

そんなわけで、ピンときた方は
ぜひ実践してみてくださいね!

その他の演奏上達法はコチラから↑

 

まるみちメルマガでは楽器紹介や音楽理論、
演奏上達法を毎日配信してるよ!

 

LINEでは日々の作曲活動なんかを配信中♪

 - 弦楽器, リード楽器 ,